二子玉川駅|内科・循環器・呼吸器・生活習慣病・糖尿病などの診療は[二子玉川齋藤メディカルクリニック]

お問い合わせサイトマップ
齋藤メディカルクリニック

内科、循環器内科、呼吸器内科、胃腸内科、糖尿病内科、アレルギー科、小児循環器内科、脳神経外科、一般外科、アンチエイジング

Skin Peel Bar(スキン ピールバー) - 二子玉川齋藤メディカルクリニック 
水曜日, 10月 24, 2012, 09:00 AM - アンチエイジング


Skin Peel Bar


当院では、美容内科・アンチエイジング治療の一環として「スキン・ピールバー」をご紹介しています


ケミカルピーリングとは、酸などの薬品を使用して角質層を化学的に溶かし、新しい皮膚の再生を促すことで
より健康で美しい皮膚を取り戻そうとする方法です

当院でも「ケミカルピーリング」「イオン導入」などを患者様にご提供する準備を進めていますが、
あわせて患者様ご自身で「ホームケア」が可能となる「スキン・ピールバー」をご紹介しています

Skin Peel Bar(スキン・ピールバー)とは

(株)サンソリット<sunsorit>が開発した、ピーリング石鹸です

・4種類あるピールバーには、どれもAHA(別名フルーツ酸)と呼ばれるグリコール酸が配合されています
 このグリコール酸により余分な角質層を徐々に取り除いていきます
・ピールバーは石鹸として研究・開発されたため、メレンゲのような細かい泡立ちが得られます
・患者様の肌質とご希望に合わせて、4種類のピールバーの中から最適なものをお選びいただけます

4種類あるピールバーの違いは?

グリコール酸の配合量が違います

青:0.6%、緑:1.0%、赤:20%
黒のピールバーはくすみ肌用としてサリチル酸とハイドロキノンも配合されています

グリコール酸の配合量が多いほど、ピーリングの効果は高いと言えますが、そのぶんお肌への刺激も強くなります
はじめは、「青のピールバー」か「緑のピールバー」で首筋やひじの内側などの、皮膚が柔らかくて
目立ちにくい場所でお試しいただくことをお勧めします

ピールバーの使い方

通常のクレンジングと同じようにお使いいただけます
sunsoritでは「週に1〜2回の泡パック」を推奨していますが、「泡パック」は1〜2週間程度普通の洗顔に使用してみていただき
スキントラブルなどが起こらないことを確かめてから行ってください




スタッフもピールバーを使っていますので、

肌に合わせた選び方や使い方などお気軽にご質問下さい





「GHC化粧品」「Skin Peel Bar」「ドクターズコスメ」は
正しくご使用いただくためと、スキントラブル予防のため、初回購入時は患者様情報の登録と
当院医師による簡単な問診ならびに使用説明をさせていただきます
(別途診察料・処方料などはいただきませんので、ご相談やご質問などはお気軽にお声掛けください)
なお、2回目以降のご購入は受付にて承ります


美容内科・アンチエイジング
内科・循環器内科・呼吸器内科・アレルギー科


エントリーを読む ( 70 回表示 )   |  このエントリーのURL   |     |   ( 3 / 5298 )


<<最初へ <戻る | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 進む> 最後へ>>